明治小学校 2005運動会特集
毎年「この日のために」生きてるユタカです

江東区立明治小学校は、下町の深川地区にありますが、その名の通り由緒ある学校です。
25年か30年おきに「○○周年記念」とかいうイベントがある年になると、なぜか皇族の方々がやってきます。
それだけに昔から厳しい学校です。うちの母も通いました。
(父親は隣の白河小学校<現在廃校>へ行っていたので、とても楽でしたが)

最近の小学校では、危ないという理由で騎馬戦や棒倒しなどが廃止されたり、平等を学ぶという名目で競争も
ゴール直前に全員揃ってからゴールする学校があるそうですが、明治小学校に限ってそんなことありません。
勉強で目立てない子供は、ここで目立つしかありません。その唯一のチャンスです。
漢字や座学の苦手なユタカにとって、一年で一番大切な日です。

応援合戦


4年生の80m走
最終組は全員が選抜リレーのメンバー。
午後にもたれるリレーの前哨戦。緊迫感が漂ってました。
ほかの組とは、かまえの姿勢が違います。


全員が鋭い前傾姿勢


コーナーを力走中


コーナーを立ち上がってきた


もうちょっとだ


頭で合わせたけど、残念
赤組トップ


本日のメインイベント、高学年選抜リレー
顔が緊張しています
午前のレースでヒザをくじいてしまいました。


緊張のスタート
メンバーは午前のレースと同じだ。




バン!、ロケットスタート


前傾で倒れこみながら走ります


女性陣の応援が熱い






カーブを立ち上がってきた
いい勝負


ほぼ一線に並んでる


ちょっとスピードが出過ぎてしまった。
第三コーナーで3人もつれて、内側から抜かれてしまいました。
残念




まことも走ります。


この中では早い。


一着でゴール


友達と喜びあうマコト
もうちょっとがんばって、兄のようにリレーの選手に
選ばれればいいのに。
でも、そこまではやらないマコトです。


700名もいると、地味目な次男を探すのはたいへんです。


マコトはシルクハットで踊っていました。


決まってるポーズ


ユタカも照れずにやってる。
家ではありえない。珍しい。


棒引き競走で気合入れてる


作戦を相談中。


あとは引っ張るのみ。


これが明治小学校のマーチングバンド
全国大会に出場するハイレベルなチームです。


オリンピックおじさんも激励にきた


久しぶりに中学の同級生テラダ君と会う。
お子さんがやはり明治小学校
彼のお父さんとうちの母もさらに同級生だ。


ヨシミちゃん発見!
白河小学校同窓生のY川君の奥さん
娘さんがユタカと同学年だ。


こんな感じでフィルムを弾丸のように腰にたくさん入れて撮影


保護者が多くて歩けません。


昼食は日陰で。
考えてみればこのおばあさんもここの卒業生だ。


足を引きずっていたと思ったら、先生に手当てされていた。


一方、次男のマコトは、一人離れてのんびりと。


6年生は組み体操
一番高い塔が最後に残ったが、
ついにトップが立って、全員の拍手。


リレーはこんな感じでした。

また来年を楽しみにしよう。


過去のレースシーン
毎年選手に選ばれていいなぁ。我が家の代表選手。














トップへ
トップへ
戻る
戻る